鳩ネット

駆除の工夫

木造

まずは侵入経路の発見が先決です

台所の食べ物の場所が頻繁に変わっていたり、黒い粒状の糞らしきものが散乱していらたネズミが侵入している可能性があります早急にネズミ駆除が必要です。ネズミが侵入しているにもかかわらず、放置すれば更に被害は拡大します。電話腺や電気の配線をかじる事もあり大変危険です。更にダニ被害や食中毒の原因ともなるサルモネラ菌の問題等で健康被害を起す可能性もあります。ネズミ駆除はまず、侵入経路を見つける事が先決です。被害が拡大している場合はいくつもの出入り口があり、全て塞ぐ必要があります。築年数が多い家は破損部分や隙間が多く、作業も大掛かりなものになる事もあります。

専門家へ依頼すれば短期間で効率的なネズミ駆除ができます

初期の段階ならば自分でネズミ駆除をする事も不可能ではありませんが、侵入経路の特定に手間取る事が多いです。一つでも出入り口を見落とせば、くり返しの作業になります。その分費用も増えていきます。素人による長期間の駆除作業は問題を解決できないばかりか、少しづつ被害箇所が増えていく事もあります。最近は格安でネズミ駆除を請け負う業者が増えた事もあり、早い段階で業者への相談をするケースが増えています。素人が行うネズミ駆除よりも確実性があり、短期間で終えるので費用も節約可能だからです。ネズミ駆除業者はラットサインと呼ばれる侵入経路に残されるネズミが通った形跡を見逃さず、出入り口を塞いでいきます。二次被害のリスクもある殺鼠剤の使用も慎重に行います。優良業者はネズミ駆除後に生活をする上での注意点や改善点もアドバイスしてくれます。

Copyright © 2015 ゴキブリ対策をしっかりとって清潔生活~問題をクリーンに~. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

このエントリーをはてなブックマークに追加